読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tax Fantasista

そんなに役に立たないアメリカの税務・会計についてちょこっとLOVE

消費税がない?オレゴン州でBlack Fridayのショッピング

さ~て今週はThanksgiving Holidayということで、アメリカはここから年明けまでもうホリデームードで仕事はほぼ適当になります。

Thanksgiving dayといえば、Black Fridayにお買い物に行く方も多いと思います。

そこで今回、買い物とは切っても切れない関係にある消費税についてそんなに役に立たない情報をお伝えします。

まずアメリカには日本の消費税と全く同じものはなく、sales tax (売上税)、use tax(使用税)といった2つの(消費税のような)税金があります。Sales & use taxとワンワードで覚えておきましょう。ただ、この2つの違いだけでもめんどくさいのに、アメリカではこの税を州や都市で徴収してるため、その土地によって税金がかかるものも違えば、税率も違うとほんとにもう嫌になる。

ややこしいのは、食料品には税金かからないけど、レストランではかかる。などなど。今度買い物する時にレシート見てください。買ったアイテムの隣に『T』と書いてあればそれは課税対象です。

 

ここでイキナリですがSales Taxの税率低いベストテンと高いベストテンの発表です!!

低いベストテン

  1. Colorado 2.9%
  2. Alabama 4%
  3. Georgia 4%
  4. Hawaii 4%
  5. Louisiana 4%
  6. New York 4%
  7. South Dakota 4%
  8. Wyoming 4%
  9. Missouri 4.225%
  10. Virginia 4.3%

高いベストテン

  1. California 7.5%
  2. Indiana 7%
  3. Mississippi 7%
  4. New Jersey 7%
  5. Rhode Island 7%
  6. Tennessee 7%
  7. Minnesota 6.875%
  8. Nevada 6.85%
  9. Arkansas 6.5%
  10. Washington 6.5%

さすが我らはカリフォルニア!単独首位です!って嬉しくねー。

実際は、上記の税率+都市の税率がかかります。

例えばサンフランシスコは市のsales taxが1.25%なのでサンフランシスコ市内で買い物すると8.75%のSales taxがかかるというわけです。

そして忘れてはいけない、sales taxのかからないsale tax界の【ネ申5】といわれているのが以下の5州です。

Oregon
Delaware
Montana
New Hampshire
Alaska

この5州で買い物をした場合は、基本的にsales taxはかからないと思ってていいでしょう。

sales taxに関してはもうこれくらい知っておけば充分です。

ってことで次はuse tax、読んで字の如く、使用税でございます。

厳密に言えば違うのですが、ざっくりいうと、sales taxは売り手に納税の義務があるのに対し、use taxは購入者に課されます。自分が住んでいる州外で物品を購入し、その州でsales taxを徴収されなかった場合、その物品を使用する州、要するに自分の住んでいる州でその税額の差額を納めないといけません。それがuse taxです。

 

?????????

 

ですよねー。

 

じゃ池上彰ばりにわかりやすく説明すると、カリフォルニア在住のAさんが、神5のひとつ、オレゴン州に出張の際に1000ドルのパソコンを買ったとします。オレゴンではsales taxを払わなくていいので、やったー得したー!と思いますよね?

しかし、本当はAさんはそのパソコンをカリフォルニアで使用するのでAさんが差額(オレゴン0%、カリフォルニア7.5%)の7.5%のuse tax(だから使用税と呼ぶ)を納める義務があります。

みんなオレゴンは消費税がかからないとか言ってるけど、本当はオレゴン以外で使用する場合は買った本人が住んでいる州で税率の差額分をuse taxとして納めないといけないんです!コレは義務です。いわゆる脱税です。

でも、これね、普通にばれない。というかばれるわけがない。そんなのいちいちトラッキングできないでしょ。

ばれるケースで一つだけ思いつくとしたら、車です。オレゴンで車買ったら消費税かかんないじゃーん。って安易な考えが通用するわけがありません。車は通常自分の居住州のDMVで車両登録した時に税金取られるから、カリフォルニアのDMVでご苦労様でーす。ってなります。

要は売り手側はその州に店舗や本拠地がない限り、その州にsales taxを納める義務が基本的にないのです。だから徴収する必要もないっす。通販業者は基本そんな感じ。

オンラインで買い物をした時にsale tax $0.00ってよくあると思います。
『君州外でしょ?買った人がちゃんと納めてねー。おれ関係ないからー。』ってやつです。

政府もこれはえらいこっちゃってことで色々慌てて作戦練ったり、州同士でも、どうにかこうにかしようとがんばってるみたい。

キャッシュがなくなってApple payみたいなシステムに全部なってしまえば、トラックするのもできるんだろうけど、まだまだかかりそうっすね。

Happy holidays!!