Tax Fantasista

そんなに役に立たないアメリカの税務・会計についてちょこっとLOVE

【駐在員限定】妻のへそくりを聞き出す方法。

完全に釣りっぽいタイトル。

みなさん、"FATCA"、"FBAR"、"Form 8938"て知ってます?

"the Foreign Account Tax Compliance Act"

"Foreign Bank Account Reporting"

"Foreign Financial Assets Reporting"

のことです。

ざっくりいうと、米国外の金融資産情報の開示を強化しましょー!って感じのゴルゴ13もびっくりのルール。

・・・もう出オチ感はんぱないけど、そうゆうこと。

昨年経験されている方はご存知でしょうが、アメリカでは基本的に自分で確定申告しないといけません。駐在員もそれは同じです。

なので2月ぐらいになると、会計士からちょーーーーめんどくさい質問書が来ると思います。

その中に、『外国の銀行口座情報』的なものが必ずあります。

年間で1度でも100万円を超えた事がある金融口座を全部開示しないといけません。

めんどくさいからかそこのところ平気でNOって埋めてくるお客さんも少なくないです。

(40過ぎてんのに、口座に100万ないわけないやん。。。)とか思いつつ、

念のために言っておきますが、と前置きして、

『もし報告漏れや虚偽記載などがIRSに摘発された場合は、最高でその口座の中身の50%か1000万円のどっちか多い方が罰金でもっていかれるんで、そこんとこよろしく!じゃっ!』

って言ったら、出てくる出てくる。

日本人は『限定』と『IRS』って言葉にめっちゃ弱いという噂は本当です。

しかし、この最高で50%持って行かれるっていう話も本当です。

ただ実際に摘発されたという事例は聞いたことないけど。

基本的に既婚の駐在員の場合は、家族で一つの確定申告を提出するので、奥さんの収入や銀行口座の情報も当然必要になります。

なので真剣な顔して、

『日本にある銀行口座の金額を開示しないとIRSから最悪1,000万ぐらいの罰金取られるらしいよ!!』

って奥さんに言ったらすーぐへそくり教えてくれる。

 

はず!!